1. print icon 印刷

Fife SE-22 赤外線センサ

  • エッジまたはセンタガイド用の多用途性に優れた軽量センサ
  • 重要なガイドポイントの調整が可能
  • ウェブ面の変位、および太陽光を含む周辺光の影響を受けない
  • 変調赤外線光は、感光紙/フィルムに影響を与えない
  • すべての Fife ウェブガイドコントローラと互換
  • 標準検出ギャップ 50 mm(2 インチ)、制御範囲 15 mm(0.6 インチ)
  • 融通性のある取付方法/位置決めアセンブリは、すばやく簡単に取り付けが可能
  • 静電放電保護

Fife SE-22 仕様

  • 直線性2% nominal maximum error
  • ウェブ面の変位2% nominal maximum error
  • 温度ドリフト2% nominal maximum error
  • 電力要件10 to 15 VDC at 40 mA
  • 出力信号0 to 10 mA
  • 重量283 grams
  • 温度範囲5 to 60˚ C

信頼性が高く多用途性に優れた SE-22 は、弊社の最も一般的な赤外線センサです。SE-22 は主にエッジガイドセンサとして使用しますが、センタガイドアプリケーションでも同等の性能を発揮します。また、ウェブ幅の変動が限られている場合は、ペアで使用することで正確なセンタガイドを行うこともできます。
SE-22 の標準検出ギャップは 50 mm(2.0 インチ)、制御範囲は 15 mm(0.6 インチ)で、重要なガイドポイントの調整が可能です。また、アンプとともに使用することで、透明フィルムをガイドすることもできます。

English

Maxcess Fife logo

Fife Engineering prepares a customer specific manual for most Fife systems when they ship. To access a copy of your manual, please choose the following link. Doing so will take you out of this website and into the Fife Customer Specific Maintenance Manual login area.

Access Order-Specific Manuals