1. print icon 印刷

MAGPOWR Spyder Plus 張力制御装置

  • 低コストで強力な張力制御装置であり、クラッチやブレーキを制御したり、ドライブと直接インターフェイスすることが可能
  • Web ブラウザでのトラブルシューティングや、パラメータへのアクセスが可能
  • Ethernet と Modbus/TCPIP を使用して、PLC やリモート PC とのリモートでのデータ共有が可能
  • ダンサモードやリモート設定値調整など、ダンサアプリケーション用の高度な機能を搭載
  • 調整可能なテーパー張力
  • 使いやすいキーパッドとディスプレイ
  • 巻出、巻取、ポイントツーポイント、またはダンサアプリケーション用のさまざまな制御機能
  • 他社製の超音波センサまたはレーザーセンサと互換(0~10 VDC の信号が必要)
  • UL および CE 認証取得済み

MAGPOWR Spyder Plus 仕様

  • 入力
  • ロードセル2.1 mV/V using +5 VDC and -5 VDC across one 350 Ω sensor
    or two 350 Ω sensors in parallel
  • Tension and Manual Setpoint 0 VDC to +10 VDC, 0.25 mADC maximum
    or 1k to 10k Ω potentiometer
  • E-Stop, Run/Stop, Tension Off, Auto/ManualSwitch closure or 5 VDC or
    24 VDC active high/low logic, 8 mADC maximum
  • Dancer Position1k to 10k Ω potentiometer, or a 0 to 10 VDC Signal
  • 直径入力用超音波センサまたはレーザーセンサ0 to 10 VDC Signal
  • 出力
  • トルク0 to +10 VDC, 1 mADC maximum
    4 to 20 mADC, 500 Ω maximum
    -10 to +10 VDC, 1 mADC maximum
  • 供給電圧24 VDC, ±10%, 250 mA, 6 VA
  • 動作温度0 to 50˚ C
  • Storage Temperature-30 to 80˚ C
  • エンクロージャIP20 (IEC529)
  • 張力メーター0 to 1 mADC or 0 to +10 VDC analog

Certifications

MAGPOWR の低コストな Spyder 張力制御装置は、精密な張力制御用に設計されており、クローズドループ、オープンループ、 巻出、巻取、ポイントツーポイント、またはダンサアプリケーションでのウェブ張力を制御することができます。この装置は、1 つまたは複数の MAGPOWR ロードセルから取得した張力を測定し、トルク装置の制御を目的とした修正アナログ信号を出力します。コンパクトなサイズのため、エンクロージャ内またはマシンの下に取り付けることができます。

また、Ethernet 接続に対応しているため、Web ブラウザで Spyder を表示し、離れた場所からトラブルシューティング、プログラミング、データ収集を行うことができます。さらに、Spyder は、Manual Level(手動レベル)設定値のアナログ入力、Run/Stop(運転/停止)、Auto/Manual: Tension On/Off(自動/手動:張力オン/オフ)、E-Stop(非常停止)の制御入力と、測定された張力に比例した 0~1 mADC メータ出力を提供します。

最新バージョンの Spyder である Spyder Plus は、オープンループアプリケーションの制御機能、ダンサアプリケーション用の高度な機能、リモートからの操作によってデータを共有する機能を備えています。Spyder Plus は、ダンサアプリケーション用の強力な機能を備えています。これまでこのような機能は、高価な制御装置でしか利用できませんでした。ダンサモードでは、ロードセルを使用してウェブ張力を監視できるようになりました。また、特に同じアプリケーションで複数の制御装置を使用する場合は、リモート設定値調整によって効率を向上できます。Spyder Plus は、他社製の超音波センサまたはレーザーセンサと組み合わせて、ロール径を測定することもできます。