1. print icon 印刷

Tidland ESP:電子スリッタ位置決めシステム

Tidland の ESP(Electronic Slitter Positioning:電子スリッタ位置決め)システムは、ダウンタイムの削減と生産性の向上を目的として開発されています。ウェブがセットされた状態で、10 個のナイフを 1 分以内に±0.05 mm(0.002 インチ)の精度で移動できます。ESP は、ミル仕上げなどの大規模な加工運転用に開発されています。直感的で使いやすいタッチスクリーンインターフェイスを備えており、ウェブのパスにかかわらずほとんどの巻取機に取り付けることができます。代表的な材料として、コート板紙、非コート板紙、ティッシュ、新聞用紙、上質紙が挙げられます。システムは頑丈で、過酷な環境でも高い信頼性を得られるように特別に設計されています。
ESP にはモジュラ設計が採用されているため、標準化された部品のメリットを得られます。これにより、手動バージョンから簡単にアップグレードしたり、さまざまなメーカーの巻取機に簡単に追加したりできます。ESP の自動システムに変換することで、トリム管理を実行したり、無制限のセットパターンメモリや使いやすいコンピュータソフトウェアを使用したりできます。また、ミル全体のシステムに統合することができます。

Tidland ESP Class III Specifications

  • 最小スリット幅152.4 mm6 inches
  • 最大 設計速度*3,048 mpm
  • 計装機器用空圧80 - 100 psi
  • 標準的な三相交流電源460 VAC

*Dependent on material and application

Tidland の ESP(Electronic Slitter Positioning:電子スリッタ位置決め)システムは、ダウンタイムの削減と生産性の向上を目的として開発されています。ウェブがセットされた状態で、10 個のナイフを 1 分以内に±0.05 mm(0.002 インチ)の精度で移動できます。ESP は、ミル仕上げなどの大規模な加工運転用に開発されています。直感的で使いやすいタッチスクリーンインターフェイスを備えており、ウェブのパスにかかわらずほとんどの巻取機に取り付けることができます。代表的な材料として、コート板紙、非コート板紙、ティッシュ、新聞用紙、上質紙が挙げられます。システムは頑丈で、過酷な環境でも高い信頼性を得られるように特別に設計されています。
ESP にはモジュラ設計が採用されているため、標準化された部品のメリットを得られます。これにより、手動バージョンから簡単にアップグレードしたり、さまざまなメーカーの巻取機に簡単に追加したりできます。ESP の自動システムに変換することで、トリム管理を実行したり、無制限のセットパターンメモリや使いやすいコンピュータソフトウェアを使用したりできます。また、ミル全体のシステムに統合することができます。