1. print icon 印刷

Tidland ESP:電子スリッタ位置決めシステム

Tidland の ESP(Electronic Slitter Positioning:電子スリッタ位置決め)システムは、ダウンタイムの削減と生産性の向上を目的として開発されています。ウェブがセットされた状態で、10 個のナイフを 1 分以内に±0.05 mm(0.002 インチ)の精度で移動できます。ESP は、ミル仕上げなどの大規模な加工運転用に開発されています。直感的で使いやすいタッチスクリーンインターフェイスを備えており、ウェブのパスにかかわらずほとんどの巻取機に取り付けることができます。代表的な材料として、コート板紙、非コート板紙、ティッシュ、新聞用紙、上質紙が挙げられます。システムは頑丈で、過酷な環境でも高い信頼性を得られるように特別に設計されています。
ESP にはモジュラ設計が採用されているため、標準化された部品のメリットを得られます。これにより、手動バージョンから簡単にアップグレードしたり、さまざまなメーカーの巻取機に簡単に追加したりできます。ESP の自動システムに変換することで、トリム管理を実行したり、無制限のセットパターンメモリや使いやすいコンピュータソフトウェアを使用したりできます。また、ミル全体のシステムに統合することができます。

ナイフホルダ 最小スリット幅 最大設計速度* 計装機器用空圧 標準的な三相交流電源
Class III 標準 152.4 mm
(6 inches)
3,048 mpm
(10,000 fpm)
80-100 psi、公称 460 VAC 標準

*材料とアプリケーションによって異なります

システムの機能    自動    手動 自動 手動

ESP チャネル
ナイフおよびアンビルチャネルは高鋼性で、圧力チャネルは完全密閉式です。

x x
カートリッジ
チャネルの任意の位置にあるカートリッジと相互交換が可能で、システムの前方から簡単に取り外すことができます
x x
エンコーダパッケージ
各カートリッジに取り付けられた電子パッケージには、アドレス指定と相互交換が可能なアブソリュートエンコーダが搭載されています。また、PC との接続用に RS-422 インターフェイスを装備しています。
x  
パフォーマンスシリーズナイフホルダ
Class III 、シアースリッティング用のスイングカートリッジ付き。200 mm(7.9 インチ)径の D2 スチールブレード。 
x x
リンクピン
手動での位置決めおよび較正に使用する手動リンク機構。  
x x
アンビルモーターアセンブリ
Ziehl-Abegg 社製三相外部ローター AC モーター(ダストシール付き)、0.65 KW。D2 スチールアンビルリング。 
x x
サーボモーター
Allen-Bradley 社製 AC ブラシレスサーボモーター、無給油型ベアリング採用。
x  
キャビネット
ル構造を採用、自立式、NEMA 12 規格に適合。    .
   
サーボドライブキャビネット
Allen-Bradley 社製の Ultra 3000i サーボドライブを収納、PC 接続用の RS-422 インターフェイス付き。  
x  
AC ドライブキャビネット
Allen-Bradley 社製の AC ドライブとモータースタータを収納。     
x x
コンピュータコンソール
Microsoft Windows
ESP 制御ソフトウェア
Dell PC および産業用グレードのモニタ
  
x  
ケーブル     
シールド付きツイストペア制御ケーブル、最大長 30 m    x  
Allen Bradley 社製シールド付きサーボケーブル、最大長 24 m x  
AC モーター電源ケーブル、最大長 24 m x x

追加製品: 
注意事項:タッチスクリーンモニタ、AC ドライブ、PC 等は御要望に応じて他社製への対応も可能です。Class II 構成は、114.3 mm(4.5 インチ)最小スリット幅に対応。

追加サービス:
既存のミルコンピュータとの統合
ミルシステムとのインターフェイス(コアチャック位置、ロールハンドリングシステム、注文管理、およびトリム最適化システム用の PLC へのインターフェイス)
Tidland のエンジニアによる材料のスリットテスト

Tidland の ESP(Electronic Slitter Positioning:電子スリッタ位置決め)システムは、ダウンタイムの削減と生産性の向上を目的として開発されています。ウェブがセットされた状態で、10 個のナイフを 1 分以内に±0.05 mm(0.002 インチ)の精度で移動できます。ESP は、ミル仕上げなどの大規模な加工運転用に開発されています。直感的で使いやすいタッチスクリーンインターフェイスを備えており、ウェブのパスにかかわらずほとんどの巻取機に取り付けることができます。代表的な材料として、コート板紙、非コート板紙、ティッシュ、新聞用紙、上質紙が挙げられます。システムは頑丈で、過酷な環境でも高い信頼性を得られるように特別に設計されています。
ESP にはモジュラ設計が採用されているため、標準化された部品のメリットを得られます。これにより、手動バージョンから簡単にアップグレードしたり、さまざまなメーカーの巻取機に簡単に追加したりできます。ESP の自動システムに変換することで、トリム管理を実行したり、無制限のセットパターンメモリや使いやすいコンピュータソフトウェアを使用したりできます。また、ミル全体のシステムに統合することができます。